コメント欄 OF <米国、「外国政府のための」ロビーの取り締まりを強化~>

シンシアリーのブログ<米国、「外国政府のための」ロビーの取り締まりを強化・・元慰安婦決議案関係者が韓国政府に対策を要請>のコメント欄です。

サーバー保護のためにやったことが裏目に出て、キャッシュとかいろいろ問題が発生しています(実は、前にも一時的にコメントが消える、表示されないなどの問題とかがありました)。

設定でコメント欄を無くすのは簡単ですが、やはりコメント欄は絶対あったほうがいいと思い、応急措置として、コメント欄をサブブログに用意致しました。とりあえずの臨時措置と考えております。申し訳ございませんが、ご理解お願いします。余談ですが、ここには広告(自動)なども一切ありません。

また、コメント表示の設定少し変えました。前からサブブログを利用していた方々はご注意ください。

コメント投稿は、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。コメントには返信可能ですが、一つのコメントに対するツリーは5層までとなっています。

長くなりそうな話、雑談などは:

雑談エントリー

新議論エントリーその1その2その3を利用してください。

 

( ・∀・)ノ 以下、いつものもの貼って終わりにします

拙著著のご紹介&お知らせなど♨ 

以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。

「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

シンシアリーのブログ(メインブログの方)のプライバシーポリシーはこちらになります

“コメント欄 OF <米国、「外国政府のための」ロビーの取り締まりを強化~>” への32件の返信

  1. てーか、情報統制国家としてこういう話は表の記事に出させたらアホでしょ
    内緒で青瓦台に伝えなきゃ

  2. FARA法成立は1939年なんだな。この2年前は盧溝橋事件、2年後は大東亜戦争開戦、何やら透けて見えるような気がしないでもないが、ま、これはさておき。。。

    在亜米利加の南朝鮮人が違法に活動していたのは打開策を要求するほどであるから事実だと思うが、亜米利加も厳格に法の運用をしていたわけではないように思える。法を厳格に運用するとしたのは、目的がロビーストではなく寧ろ上院、下院議員の暴走抑止のためにしたのではないのかと感じた。スーパーリッチが支那関連で起訴されたとあるが、これなどは分かり易い例ではないかと思う。クリントンなどは支那との黒い噂が絶えない人物でもあるし・・つまり、巨額の銭を目の前した議員が、支那への国の切り売りを始めてしまうことが大問題になっていると、こういうことではないのか?南朝鮮は文在寅が支那に対しては忠誠を誓うと宣言した過去があるので、支那、更には北朝鮮に対する用心として、法の運用を厳格化することによって、監視するとしたのかもしれない。と、感じた。

  3. しかしまあ、シンシアリーさんがこっちに書いてほしいと2度にわたって明示しているのに、あっちに書き続ける常連さん。
    つられて一度書き込んじゃったのだけど。

    他人のコメント読んでないことの証明?

  4. 日本のロビイストが、いまいちなのは、ここら辺の話もあるかも。

    で、今の韓国政府の方針って、米国の利益に沿ってましたっけ?

  5. ルールに則る正直者が馬鹿を見る社会からすると、
    言語道断な事なんだろうね。

  6. 日本的なロビーってのは、菓子折りの箱に小判を入れとく越後屋ですから~
    それを米国の法律で20$までよって封じられたので、真に受けた学歴偏重達では、抜け穴を探そうというハングリー精神がないのです
    (多分間違ってる考え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。