コメント:日本政府、韓国の抗議の件で「スポーツの政治利用に反対する」

シンシアリーのブログ<日本政府、韓国の抗議の件で「スポーツの政治利用に反対する」>のコメント欄です。

サーバー保護のためにやったことが裏目に出て、管理ページでいろいろと問題が発生しています。設定でコメント欄を無くすのは簡単ですが、やはりコメント欄は絶対あったほうがいいと思い、応急措置として、コメント欄をサブブログに用意致しました。とりあえずの臨時措置と考えております。申し訳ございませんが、ご理解お願いします。余談ですが、ここには広告(自動)なども一切ありません。

コメント投稿は、国外からはできません。VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。メアドを記入する必要はありません。コメントには返信可能ですが、一つのコメントに対するツリーは5層までとなっています。

長くなりそうな話、雑談などは:雑談エントリー、新議論エントリーその1その2その3を利用してください。

 

( ・∀・)ノ 以下、いつものもの貼って終わりにします

拙著著のご紹介&お知らせなど♨ 

以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。

「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

シンシアリーのブログ(メインブログの方)のプライバシーポリシーはこちらになります

“コメント:日本政府、韓国の抗議の件で「スポーツの政治利用に反対する」” への58件の返信

  1. 自分で自分のクビを絞めるいつもの韓国スタイルですね。常に自分に都合の良い展開しか考えないから、日本側の反応によっては韓国が立場上ボイコットせざるを得ない状況になることに考えが至らないんでしょうね。
    もっとも、自分が言ったことを忘れる能力(?)に長けている韓国さんですから、今さんざんボイコットを叫んでいても、開催されたら何事もなかったかのように開会式に韓国選手団が並んでいることも容易に想像できます。

  2. 加藤官房長官、見直したよ。案外やるじゃないか。言葉だけの人かと思っていたが勘違いしていたようだ。今後の発言が楽しみだよ。頑張れ!

  3. 平晶オリンピックの公式HPで独島を紹介してましたね。
    魚拓はありませんでしたが、自民党議員さんのHPに画面
    イメージが保存されています。

    [赤池まさあき 参議院議員(自民党)ニュース]
    ttps://ameblo.jp/akaike-masaaki/entry-12239743198.html

    で、日本外務省の講義に対して「『対応する価値もない』
    と切り捨てた」との事です。

    「THE SANKEI NEWS」
    ttps://www.sankei.com/article/2017
    0201-HFY6OY5NDVLJDODN6LKEH5LODE/

    相変わらず、都合の悪い自分の行いは都合よく
    忘れてしまう人たちですね。

  4. 以前の日本であれば

    どうせ土壇場で日本は折れるにきまってる~またまた日本の負け~いつも負け続ける日本~馬鹿なネトウヨのぬか喜び~こうなることは私にはわかっていましたよ~by 〇誌

    という流れなのですがね。

    1.  いやいや、いつもの朝鮮その場しのぎ嘘捏造ですよ。
       ジーソミア直前撤回と同じく、いけしゃあしゃあと選手を送り込んで他国の女性をストーカーしまくりますよ!

  5. 日韓の共通認識として
    土壇場でしれっと「オリンピック参加」をするのは確実
    ・血のにじむような努力をした選手を無視できない
    ・オリンピックの崇高な理念を大切にした。
    ・韓国だけの意見では無く世界にとって必要な物だった
    他には正義、平等が入れば文章のできあがり
    と言うところが理由に挙がるかな

  6.  漸くコメント欄にたどり着いた、ピンクの欄をタッチしたら!
     また、楽しい侃々諤々が見られます。。良かった!

  7. 政権スタート時点、選挙時から反日候補のトップ走者だった文在寅は政権を握ってからは口先番長になってしまった。
    残念無念。

  8. 日本の北朝鮮帰還事業に抗議して、「経済断交だ!」とぶちまけて、1ヶ月後に何事も無かったかのように貿易再開する面の皮の厚さですから、何事も無かったかのようにオリンピックに参加するのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。